犬目線のピンホール現象
509
post-template-default,single,single-post,postid-509,single-format-standard,qode-social-login-1.1.2,qode-restaurant-1.1.1,stockholm-core-1.0.6,select-theme-ver-5.1.8,ajax_fade,page_not_loaded,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive

犬目線のピンホール現象

木陰の下で、こんな光を見つけたことありませんか?葉と葉の隙間が丸くもないのに丸い光が沢山落ちているんです。
図1
このように、太陽光が葉と葉が重なり合ってできる小さな穴を通ることによって像を結ぶような現象をピンホール現象といいます。小さい穴ほどその穴を通った光が屈折しないで網膜に達するため、物がはっきり見えるという現象です。
eyepro_02
図2
この現象を犬目線で見たらこんな感じかしら・・・という動画作ってみました。だけど、色は人目線です。なぜなら犬の網膜には錐状体が殆どなく、数少ない錐状体は青と黄色にしか反応しないので、犬の目では2色、及びその中間色しか識別できないからです。

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください