潜在意識に働きかける光
968
post-template-default,single,single-post,postid-968,single-format-standard,qode-social-login-1.1.2,qode-restaurant-1.1.1,stockholm-core-1.0.6,select-theme-ver-5.1.8,ajax_fade,page_not_loaded,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive

潜在意識に働きかける光

光がないと夜の世界では何も見えません。そういう意味では、光は機能的なものです。しかし一方で、光というのは人の心を動かし、場合によっては危険な方向へも向かわせることができる力をももっています。ワールドトレードセンターのメモリアルイベントで、サーチライトを使って建物を復元するシーンを目にした方は多いかと思います。いろいろな考え方はあると思いますが、たぶんあの光景を実際に見たら、心は動かされてしまうと思います。そういう力を光は持っているという事です。環境のくくりのなかでも光というのは、冷暖房や風通しなどとは違い、人の心を洗脳する力を持つものであるという事を知っていただきたいと思います。
写真は、仏様と向き合う場に相応しい厳かな光空間を創り出しています。日常的なものはできるだけ姿を現さないよう、照明器具は表には出さず、光の置き方を慎重に考慮してあります。周辺を囲む108本の柱はその数通り、人間の煩悩を現しているという事で、床に埋め込んだ光がその煩悩の危うさを訴えるかの如く柱をぼんやり照らしだします。
_dsc5225f

仏様に上から光が射してくる様は、勿論スポットライトの光ではありません。ここは仏像の展示会ではなく神聖なる仏様と向き合う場所なのですから、天からの光が射していなければいけません。射しこんで来る方向と、光を浴びる仏様とを、光源を見せずに明るくしています。ここでは光ファイバーなどを使用しています。
_dsc5136f

空間全体の天井には、星をイメージした光がグリット上に輝きますが、天井の余計なものが目に入らず、無限の宇宙を感じさせるためには、光源以外の天井はブラックアウトしてその存在をけさなければいけません。
_dsc5118f_dsc5236f

光は人の心を操る力も持ちうるということを踏まえ、豊かな空間を未来に繋げたいものです。

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください