erippe.jp | 専門知識
83
archive,category,category-pro,category-83,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

映り込みが創る景色

ライトパイプを天井に施した高天井の照明空間に出くわしました。 ライトパイプとは、「光の全反射現象を利用して、パイプの端部から入れた光をパイプ内に伝達させて、パイプ全体を発光させるミラーやガラス素材でできたパイプ」のことです。...

0

蓄光と蛍光

先日、レアメタルを使用しない比較的安価な蓄光材料が発見された、というニュースがありました。...

0

LEDは万能ではない

~光で料理を盛り付ける~編でも、美味しそうに見せる光について書きましたが、今日はもっと単純にLEDランプの特性に注目しながら料理の光をみてもらいます。...

0

光のシークエンスを考える

暗い所から明るい所へ移動した時に眼が慣れてくる時間よりも、明るい所から暗い所へ移動した時に徐々に眼が慣れてくる時間のほうが多くかかるという経験は皆さんお持ちだと思います。...

0

光の風土性と文化

寒い地域の人々は我慢強い、とか、南の島の人々は陽気である、とか・・・個人個人の気質とは別に、その国や地方の環境によって形成される気質というのがあると思います。...

0

夜景を取り込む

ガラス張りの室内から外の景色を取り込む場合、夜景に関していえば、取り込み方を選択することができます。...

0

ベールの光をまとう建築

半透過素材は、光との関係で色々な表情を見せるというお話は何度かしました。更に、そうした半透過素材を重ねて使用していく事で、奥行き感を引き出す事ができます。...

0

反射の力を借りる

鉛直面の明るさの重要性は以前に述べました。そして、それは不快なグレアを生むような過度の輝度ではいけません。間接的に照らされている柔らかい輝度面である必要があります。...

0

シルエットで魅せる

太陽を背にして写真を撮ると顔が暗く映ってしまうように、形あるものの後に光を作ることで、その前にあるものをシルエットで浮かびあがらせることができます。...

0

主役になれる光

光は単独ではその姿を現すことはできない、という内容は何度かお話ししました。物にあたってその物から反射した光が我々の眼に入ってきて、初めてその光が認識されるということです。...

0

太郎と花子

全く同じ2棟の高層ビルのライトアップを計画した時に、その2棟のビルの図面を見て、なぜかとても愛着が沸き、まるで話しかけられているような気持ちになりました。...

0

ミラー返し

鏡の正反射の事は、鏡遊びのページでもお話しをしました。正反射とは、光が入射角と同じ角度で入射した方向と逆の方向に反射することです。照明計画でもこの性質を利用して計画をすることがあります。...

0

光の着彩テクニック~シリーズ2~

A 光源から発する光が、下から上に向かってグラデーション的に減光しながら壁面をライトアップ していく状態を表現する。 B Aでいれた光が軒下などの水平面にあたる光の影響を表現する。この時、壁面の光は、上に上がって弱くなっているが、水平面で受ける軒先の光はその弱まった上部の壁面の光より強い輝度になる。...

0

光の着彩テクニック~シリーズ1~

自分のイメージした光を実際に色鉛筆でパースなどに着彩してみましょう。そうすることで、自分が考えていた光のイメージが、案外余計な所にも光を飛ばしてしまっていたり、思っていた以上のアイデアをうみだしたりします。...

0

光で料理を盛り付ける

光の質と照射方法によって顔の見え方が大きく変わるのと同じように、料理の見え方も光によって見え方が大きく変わります。 雰囲気のあるレストランは、大抵間接照明で少し暗めな空間を演出している場合が多いものです...

0

昼間の景観を邪魔しない照明

人は予想外のことが起こると、ドキッとします。恋愛がいつの日か違う形に変わっていくのも、相手に未知の部分がなくなり、想像の範囲を超えることがなく、もしくは想像以下でしかなくなるからかもしれません。は予想外のことが起こると、ドキッとします。恋愛がいつの日か違う形に変わっていくのも、相手に未知の部分がなくなり、想像の範囲を超えることがなく、もしくは想像以下でしかなくなるからかもしれません。...

0

昼と夜の表情を変える素材

パンチングメタルのように、光を反射する部分と透過する部分を持つような半透過性素材は、光の演出の強い味方になります。透過性素材の内側と外側の光の強弱を工夫することで、その表情を大きく変えることができるのです。...

0

光のビフォア/アフター

照明のリニューアルは、建築や内装のリニューアルに比べてかかるコストが低いのに、その効果は非常に高く、大変コストパフォーマンスの高いリニューアルです。...

0

自然光に立ち返る

人類が発生以来慣れ親しんできた太陽光のリズムは、我々のDNAに書き込まれ、その影響から逃れることはできません。朝の光に始まり、午前の光、真昼の光、昼下がりの光、夕方の光と、目からわずかな色味の違いを感じ取っています。こうした光の色は色温度で表します。 色温度とは、表現しようとする光の色をある温度の黒体から放射される光の色と対応させ、その時の黒体の温度をその光の色温度としています。...

0