erippe.jp | 街で見かけた光に思う事あれこれ・・・・~シルエット編~
2249
post-template-default,single,single-post,postid-2249,single-format-standard,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.5,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

街で見かけた光に思う事あれこれ・・・・~シルエット編~

影というものには何故か心を奪われてしまいます。昔から影絵遊びという遊びが人々に喜ばれていたことを思えば、影というものは、昔から人の心を掴む不思議な力をもっているのでしょう。どんな人にも多かれ少なかれ、表の顔と裏の顔があるように、世の中の事象にも、陽の当たる側と当たらない側があります。そんな、自分の力では抗うことができない現象に、なんとなく慰められるのか、安心するのか、影という物には不思議な魅力があります。
バレエ商品の~Lepetto~なる店舗のショーウインドウで、こんな光景をみつけました。バレリーナーのシルエットに思わず立ち止まってしまいました。

DSC_0416

DSC_0415

よくよく見てみると、壁面に描かれているシルエットでした。

DSC_0417


DSC_0418


DSC_0419

どうせなら、スポットライトは下に置いてくれたらもっとリアルだったのに・・・

というわけで、これを見ていたら、トイレマークでこんなのがあっても面白いかも…と思っていました。

No Comments

Post a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください